業務分野

STIPは、様々な科学技術の発明について、特許要件 充足可否 (patentability)、特許侵害検索 (freedom-to-operate)、特許権の有効または無効性 (patent validity/invalidity) などの意見を提供しています。 これらは、お客様が市場分析、特許戦略、または研究開発の費用対効果を算出するのに非常に重要なものです。

  • 特許要件充足可否分析(Patentability)
    特許を登録するまでには相当な費用 (出願および弁護士費用に数万ドル相当) だけでなく、 長い時間 (数年間) が必要になります。 したがって、特定の発明について特許出願可否を決定する前に特許性可否を先に分析する必要があり、これに対する意見をSTIPが提供します。 既存の特許だけでなく、英語、日本語、中国語、韓国語の先行技術文献等を分析して、お客様の特許出願を支援します。
  • 特許侵害性分析(Freedom-to-Operate, FTO)
    お客様及び企業の運営の中で研究開発企画、テスト、製造などの段階では、他の国や他の人と知的財産権の紛争なく、会社の業務の遂行不可について、事前調査が戦略的に必要になります。STIPは, 該当国に登録された特許および商標などの知的財産権などを分析して、お客様が他人から特許侵害訴訟をされることを防止し、他人の特許を侵害せずに、お客様が実質的に業務を遂行できるように支援します。
  • 特許有効性分析(Validity)
    お客様は、お客様または他人の特許について有効性と執行性可否を半断する時があります。例えば、お客様が特許侵害訴訟を提起された時、訴訟で勝つために相手の特許の無効性を証明する場合です。または、お客様が特許権を取引したり、ライセンスを取得しようとする時 、関連特許が有効で執行性があるかの判断が必要な時です。これに対して、私たちは、様々な言語で作成された先行技術の文書を分析して、関連特許が有効で執行性を分析して、お客様を支援します。